ビタミンB6とコエンザイムQ10がむくみに効く

女性は元々体質的にむくみやすいと言われていますが、特に生理前の1週間は体全体がむくんだ状態になり重さやだるさを感じるものです。
これは女性ホルモンの影響から体内に水分をためやすく排出しにくくなるのですが、このホルモンが多く分泌されることによって妊娠しやすい状態を作ります。
生理が始まるとホルモンバランスが正常に戻るため、むくみのないすっきりした体に戻るというわけです。

生理前はむくむのは仕方がないと分かっていても、毎月この時期は憂鬱なもので酷い人は生活に支障が出るほどひどいようです。
月経前症候群という言葉もあるくらい、生理前の女性の体は不調がたくさん現れることが多く、近年治療が必要なほどひどい状態の人が増えていると言われています。
むくみがひどい場合は足がしびれたり普段履いている靴が入らないなど、重度のむくみを毎月耐えなくてはならない人もいます。
軽度の場合でもむくみは嫌なもので、足が太く見えたり思いなど良いことは一つもありません!



このようなむくみを改善するためにビタミンB6とコエンザイムQ10が効果的だと言われています。
両方の成分を効率よく摂取するためにはサプリメントを利用する人が多いようで、効果が出始めると嫌な生理前のむくみが改善すると言われています。
ビタミンB6はむくみそのものを改善するというよりは、生理前のホルモンバランスを改善する働きがあるため、イライラや体重増加、ニキビや肌荒れなどの生理前の症状を改善する効果があります。
また、コエンザイムQ10は若返りのサプリメントとして有名になりましたが、これは細胞を活性化させる働きがあり、細胞の新陳代謝を活発にすることでむくみを改善することができるのです。

この二つの成分を両方とも摂取することで、今まで何をやっても効果がなかった生理前の嫌な症状を穏和することができるかもしれません。
もちろん、食生活や適度な運動も大切ですが、それに加えてビタミンB6とコエンザイムQ10の摂取をおすすめします!