下肢静脈血栓症の対策

エコノミー症候群という病気を聞いたことがあるでしょうか?
長時間飛行機や新幹線などに乗る際に足が圧迫されることによって血流が悪くなり血栓ができることがあります。
乗り物を降りて歩き出した衝撃でその血栓が血管から剥がれ落ち、血液とともに肺まで流れてしまい呼吸困難やショック症状を起こしてしまう怖い症状です。
最悪の場合死に至ることもあるので、特に長距離移動をする計画がある人や旅行が好きな人はぜひ知っておくべき病気ではないでしょうか?

今までエコノミー症候群という言葉を使うことはありませんでしたが、今まで元気だった人が突然亡くなる突然死の一つとして考えられていました。
飛行機から降りてきた人にこの症状が起こりやすいと分かり、それが狭いエコノミー席の乗客に多かったことからエコノミー症候群と呼ばれるようになり下肢静脈血栓症とも言います。
エコノミー症候群はエコノミーのように狭い場所で同じ姿勢を取ることで起こる症状で、エコノミーだけではなくビジネスクラスや他の乗り物でも血栓はできます。

このエコノミー症候群を防ぐためにはいくつかの予防策があります。
・こまめに水分を取る
・定期的に足を動かす
・歩く

飛行機などに乗るとトイレに何度も行くのが嫌だと思う人が多いようで、普段よりも水分摂取を控える人が意外と多いようです。
しかし、機内は乾燥していることも多く水分をしっかりとらないと気付かない間に脱水症状になっていることがあり、それが血栓ができる原因になります。
ですから水分(水やお茶)はこまめに飲むようにしましょう。
機内で足を動かすことは難しいかもしれませんが、足首を回したり足を曲げたり伸ばしたり適度に動かすことはできるはずです。
一時間に一度は足を動かし、トイレに行く際に遠回りをして歩くなど、とにかく足を動かすことを心がけましょう!

このようにエコノミー症候群は誰にでも起こり得る病気で、発症してしまうととても怖いものです。
しかし、予防することが十分にできるので自分の命を守るための対策をしっかりとりましょう!