むくみ対策ストレッチ

女性にとってむくみは嫌なもので、体のサイズまで変わってしまうほど酷い人も少ないないようです。
その原因は塩分の取り過ぎや運動不足、同じ姿勢を取り続ける生活、水分の摂り過ぎや不足・・・色々ありますが、どの場合も血流とリンパの流れが悪い状態です。
病気が原因ではないむくみはある程度の時間で改善するので気にしない人もいるようですが、むくんだ足や顔は見た目だけではなく痛みや重さを感じることもあり、深いな気持ちになるものです。
そこでむくみを軽減するためのマッサージやストレッチを毎日の習慣にすることで、むくみにくい体を手に入れることができるのです。

ストレッチの方法はとても簡単で、普段からオフィスや学校でも空いた時間を使ってできるものもあるので、ぜひ実践してみてください。
足のむくみの原因はふくらはぎの筋肉を動かさない時間が長いことで、それによって血液やリンパが流れにくい状態になっています。
ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど血液の流れには大きく影響している部分なので、定期的に動かすことでポンプが水を押し出すように血流も改善します。
ふくらはぎの筋肉を効果的に動かすには、足首を回したり曲げたり伸ばしたりする方法があります。
以前番組でエレクトーンの先生は足のむくみがないという検証が行われていて、これはエレクトーンを引く時は足も使うため足首を常に動かしているからだという結果が出ていました。
座ったままで定期的に足首を動かすだけで、夕方のむくみ方が全然違うので試してみてください。



入浴後は股関節を中心にストレッチをすることで股間にあるリンパ節の詰りを改善することができます。
あぐらをかくように座り足の裏同士をくっつけ、膝が床に着くように手で押してみてください。
からだが柔らかい人は簡単につくと思いますが、股関節が硬い人はかなり痛みを感じるはずです。
これを毎日行うことで股関節を刺激し、血流とリンパの流れを改善することができます。

このように自宅や職場でも簡単にむくみ対策のストレッチができるので、毎日の習慣として続けてみてください。
きっと、今までよりもかなりむくみが減ったと気付き、夕方になっても足のだるさや重さを感じなくなるはずです。